適用範囲の基準

ネットワーク

適用範囲の原則を理解する

ISO9001の取得で最初に悩むのが適用範囲をどうするかです。すでに取得している場合、2015年版の適用範囲にも新しく項目ができているため相談が多く舞い込んできます。ISO9001取得の基本としては、全ての部署で取り組むのが原則ですから、一部に適用するだけだと好ましくありません。

2008年版の適用範囲

この時点では、組織の事業単位を実施するかどうかを自由に決めることができました。事業プロセスにおいても、経営戦略の一環として考えられていたため、他の部署は省くといった流れが自然です。各組織が持つ目的や組織が状況に合わせて自ら決めることができる分、ISO9001取得のための準備はしやすかったと想像できます。

内部と外部の課題をまとめる

部署によって抱える問題は違いますが、例えば内部の場合人材が不足しておりそれを改善するためのマニュアルを作る、外部の課題は高齢化社会に伴う社会全般の課題を取り上げて企業にどのような影響を与えるのかを考える事も必要です。この部分もISO9001の適用範囲に入れておきましょう。

ニーズとサービスの強化

製品開発をし、それを顧客に販売する場合どのようなニーズが求めらているか知ることも成長するきっかけになります。そのためにはISO9001をフル活用し、現場で結果を出さなくてはいけません。内部と外部の課題同様に、ニーズに合わせた製品提供をするためにも適用範囲に入れるのが望ましいです。

根拠があることが大切

何の目的もなく、ISO9001を取得するという考えは根拠がなく望ましいものではありません。ISO9001取得が今必要とされている理由を理解し、組織の弱点を長所に変えていく活動をしなければ成長は見られないでしょう。