簡潔なマニュアル

PC操作

高い必要性

そもそもISOを取得する意味とはなんでしょうか。取得することで確かに高い信頼性を得られますが、それ以上に自社の業務効率化にも繋がるのです。特に、これまでマニュアルと銘打たれた、まるで辞書のような太い冊子を活用しているような企業なら必須です。

これがコンパクトISO

マニュアルは内容が多ければ良いのではありません。いかに分かりやすく、複数人で共有できるか否かが重要なのです。まるで辞書のようなマニュアルとは異なり、ISOによるマニュアルはわずか2~3センチほどの薄さで必要事項がしっかり要約されているのが魅力。

コンサルティング社が行なうこと

実際に、ISO9001取得をコンサルティングする会社では、まず現状調査から始まり、高い品質マネジメントの為に何が必要なのかを分析します。それから業務指示書となるマニュアルの構築を始め、社員教育からマニュアルの運用、最終的には社内に監査員を設けて取得を目指します。

セミナーで学べる事

基本がわかる

文面では理解できなくても、ISO9001を知り尽くしている講師が説明をすればすんなりと頭の中に入ってきます。また、ISO9001の基本を根本的に理解できれば構築から運用のコツまで知り尽くすことができます。

何を要求しているのかがわかる

ISO9001を取得する目的は様々ですが、何を要求しているのか理解していない方もいます。セミナーでは、規格要求事項の説明を専門の講師が行ない、ISO9001の知識をより叩き込んでいくのでISO9001関連に強くなりたい場合は積極的に参加しましょう。

成功事例から学べる

ISO9001の基本がわかっていてもどう運用すべきか、マニュアルをうまく完成させるためのコツやポイントが分からないければ前進できません。おさえるべきポイントを始め、皆が迷いやすい箇所を専門の講師が成功事例と共に紹介し、丁寧に説明をしていきます。

取得前に注意点がわかる

取得に伴い、注意しなければならないことはいくつもあります。ルールを破ってしまえば、審査が通りにくくなるでしょう。それを避けるためには、取得する時に注意すべきことをセミナーを通して理解する事が大切です。

審査基準がわかる

ISO9001取得には、第三者からの目で審査をし、取得できるかどうか判断をします。企業側としては必ず取得したいものなので、セミナーに参加をしてどの部分に目を付けているのかを知りましょう。